くらし 子ども 収納

入学前準備、ランドセルラックは不要です。入学して8ヶ月その理由を説明します。

更新日:

こんにちは、ナンシーです^^

私には来年小学生になる甥っ子(妹の長男)がいるのですが、先日妹の家に遊びに行くと、すでに小学校入学に向けてリビングの模様替えをしていました。(早っ)…私なんて、長男の就学準備は3月に入ってからバタバタやっていたのに・・・(遅っ)

…ということで、すでに準備を初めている優秀ママさんも、"3月まで余裕あるでしょ〜"的な私タイプのママさんにも、入学前に知っておくと役に立つような情報を私の経験とともに共有したいと思います。余談ですが・・入学準備を考える頃って、ちょうど、幼稚園や保育園の卒園のイベントで忙しい時期なんですよね・・。そんな卒園で忙しい中で入学の準備もしていくなんて…。いや〜、世のお母さん方は本当に素晴らしすぎますね!そしてまさに今、入学準備を始めたあなたも、素晴らしいお母さんに間違いありません!

入学前‥毎日の教科書とかランドセルとかどうすればいいの?

さっそく入学前に気になるのは、今までの生活になかった新たなモノたち・・・ランドセルだったり、教科書だったり、筆箱だったり・・・とにかく色々ありますよね。それを毎日持って帰って来ては、宿題をしたり、時間割をそろえたり、想像しただけで大変そうですよね。そんな中で、誰もが一度は考えるのが「ランドセルラック」ではないでしょうか?今回はこの「ランドセルラック」という商品について、我が家のパターンも紹介しながら一緒に考えていきたいと思います!

こんな方におすすめ

  • ランドセルラックの購入で迷っている
  • 下に兄弟姉妹がいる
  • 家が狭くてモノが置けない or 自称ミニマリスト
  • 買い物では絶対に損をしたくないタイプ

いかがですか? 1つでも当てはまったなら、さっそく見ていきましょう〜^^

ランドセルラックの必要性について

どのママさんでも、まず最初に考えるのは毎日の「教科書」の収納や「ランドセル」の置き場じゃないでしょうか?インターネットで検索をしてみると、最初に出てくるのがランドセルラック(教科書ラック?)の存在ですよね。このランドセルラックですが、検索するといろんなタイプが見つかります。教科書を収納できるように細かく区切られたものから、ランドセルの置き場が決まったもの、鍵盤ハーモニカ(ピアニカ)の置き場まであるものなど、様々です。

実は私も、なんとなくこのランドセルラックが必要だと思い込んでいて、色々調べていたんです。色やデザイン、機能や値段などを比較しながら、いざ購入〜!という段階までいったのですが、ふと、いくつかの疑問が浮かんできたんですよね。

Q1. そもそも使わなくなったらどうする?

このランドセルラック、細かく仕切られていたりしているので、家具としてはけっこう特殊な作りですよね。小学校を卒業したら一気に使わなくなりそうですよね・・・。う〜ん・・・別の使い道を考えて、普段使いの家具として使い続けるか・・・自治体のリサイクルに出す(=使わない)か・・・。そもそも子どもがちゃんと使えるかわからないし、せっかく買ったのに使わずに物置き場みたいになったら嫌ですね・・。

Q2. 下の兄弟姉妹も小学生になった時はどうする?

下にお子さんがいる場合は、こちらも悩みますよね。特に歳の近い兄弟姉妹がいる場合は就学するたびに同じものを追加で購入するのか…?でもその頃には廃盤になっていて同じものが買えない可能性もあるし…(モヤモヤ)。我が家は下に弟が2人いるので、下の子も就学した時のことも考えると、自分の中でモヤモヤが消えなかったんですよね。

Q3. 値段もピンキリ‥いったいどれがいいの?

しかもランドセルラックってけっこう高いですよね?(1万円程度〜高いものだと3-4万円もする!)そんな高い買い物をするなら絶対後悔したくない!特に第一子の場合は、小学校の生活がどんなものかもわからないのに、なんとなく良さそうだな〜というイメージで買わなければいけないんですよね。そういう点でも個人的にはけっこうハードルが高かったんです。(よくわかっていないものに対して大事なお金を使うのって、私はとってもストレスです;;)…という感じでランドセルラックの購入については、ずっとモヤモヤが消えなかったので、結局長男が小学校に入学してから買うことにしました。(もはや入学前準備じゃないね!)

これが正解!ベストなランドセルラックはこれ!

‥というわけで、長男が入学して生活のペースがつかめてきた頃に必要性を再考し、改めて「小学生に適した収納」を考えてみました。その時になんと!今までの私の問題点を一気に解決する素晴らしいアイテムを見つけたのです!

それは、「無印良品」のスタッキングシェルフという商品です!

@無印良品

さすが無印良品!生活におけるどんなテーマであれ、結局一周してここに戻ってくるんですよね…おそるべし無印良品。最終的に我が家は市販のランドセルラックは買わずに、このスタッキングシェルフを買って、オリジナルのランドセルラックとして使用することに決めました!このスタッキングシェルフ、ランドセルラックの機能としてどんな点がよかったのかを細かくご紹介していきますね〜

オススメの理由その1. 形のモジュールが揃っている

@無印良品

スタッキングして追加していけるというコンセプトから、収納ボックスのモジュールがそろっています。つまり、生活シーンに合わせていろいろな組み合わせができるのです。これなら、ランドセルラックとして使った後でも、収納家具としてもいくらでも使い方が考えられるし、必要であれば兄弟分を買い足すこともできます。

我が家は3人子どもがいますが、1人1個という考え方ではなく、生活にあった組み合わせで変形させることができるので、子供2人で3個使ったり、3人で5個にしたりと、子供の人数や生活シーンに合わせて色々なレイアウトができるのがとても良いです。サイズも一番小さなものなら普通のカラーボックスとあまり変わらないし、賃貸などの狭い空間でも有効的に使うことができそうです。

我が家も賃貸なので、リビングの使えるスペースは限られているんですよね。広いマイホームをお住まいの方であれば、他にも色々な選択肢があると思いますが、賃貸の狭い空間ではいろいろと工夫も必要なんですよね。そんな我が家には本当にぴったりの商品でした!

スタッキングシェルフの色はオークとウォールナットの2色から選べるので、お部屋の雰囲気に合わせて選べるのも嬉しいです。

オススメの理由その2. 色々な組み合わせが可能

スタッキングシェルフのサイズについては、いろいろなシミュレーションができるので、下記のサイトからお部屋にあったサイズをシミュレーションしてみてください。

スタッキングシェルフの組み合わせシミュレーションはこちらからできます

私はまず、こちらのスタッキングシェルフ(2段タイプ)を2つ購入しました。並べて使うことが決まっているなら最初から追加パーツを使って組んでしまうこともできるんですが、バラバラの方が使い勝手がよいと思います。子ども達の生活シーンに合わせて、私(女性)でも手軽に模様替えができるし、将来的に別々の部屋で使えたりもするので、将来性があると思ったのが理由です。

オススメの理由その3. 豊富な収納用品と組み合わせが可能

そして、このスタッキングシェルフをオススメするもう一つの理由が、スタッキングシェルフと組み合わせて使うことができる「収納用品」の豊富なラインナップです。我が家のオリジナルランドセルラックには、ポリプロピレンの引き出しを追加してみました。

学年が上がるにつれて、勉強内容や生活スタイルもきっと変わってきますよね。その都度、今の子どもの生活に最適な収納用品(引き出しなど)を買い足したりできるのも良いなと思いました。6年間使うものなのに、全ての学年に最適なランドセルラックなんて正直ないと思うんです。生活スタイルをその都度見つめ直しながら少しずつ変えていける方が、入学準備をする母の立場としては気が楽じゃないですか^^もしあとで「この仕切りいらないな…」とか「あともう一つ引き出しがあればいいのにな…」と思ってもすぐに変えられますから!

ミニマム仕様で完成!我が家のオリジナルランドセルラック

さて、そんな悩みに悩んで完成した我が家のオリジナルランドセルラックがこちらです!2つ並べていますが、重要なのは左の棚です!これが全てです!

左側のラック(2段)が教科書ラック、右は図書館で借りて来た本やランドセルを置く場所にしています。

上段:教科書の収納

上段は教科書の収納にしています。取り出しやすさを重要視しています。

ちなみに、教科書スペースの仕切りに使ってるのは、セリアのファイルボックスです。

参考:セリアの白いA4ファイルスタンドが便利。収納アイデアや使い方をご紹介

このセリアのファイルボックス、教科書収納としてとても優秀なアイテムなのでオススメです!1個108円だから、たくさん揃えてもお財布に優しいのが嬉しい!なぜファイルボックスも無印で揃えなかったの?というと、ちゃんと理由があります。
参考:無印もいいけど、セリアのファイルスタンドもかなりイイ感じ

セリアのファイルボックスは、前の壁がないんです。実はこれが、>子どもが教科書を出し入れするにはとても重要なポイントなのです。

下段:引き出し収納

下段はプリントや文具を収納する引き出しにしました。

引き出しの色はホワイトグレーを選びました。半透明のものもありますが、中身が見えない方がよりスッキリします。
引き出しには次のものをしまっています。

1. 毎日持って帰ってくるプリント類(①の引き出し)

とにかく持って帰ってきた学習プリントをひたすら入れていくだけなので、子どもでも簡単にできます。引き出しいっぱいたまったら、捨てます。だいたい1〜2ヶ月でいっぱいになるので、確認して定期的に捨てています。

引き出しは無印良品のポリプロピレンケース・引出式・横ワイド・薄型を使っています。A4サイズのプリントが入ります。

2. 文具品のストック(②)の引き出し

文具のストックには最初に全て名前シールを貼っておきます。そうしておくと、必要な時に子どもが一人で準備してすぐに持っていくことができます。「鉛筆」や「消しゴム」などカテゴリー別に袋にわけて入れておくと、子どもでもわかりやすく管理しやすいです。

引き出しは無印良品のポリプロピレンケース・引出式・横ワイド・薄型・2個を使っています。小さい引き出しが文具の収納に便利です。

3. ハンカチ・ティッシュ、給食のランチマットやミニタオルなど(③)の引き出し

基本的に、日常的に必要になるものは全てここから取り出せるようにしています。子どもが一人で取り出しできるように、わかりやすい収納を心がけています。

引き出しは無印良品のポリプロピレンケース・引出式・横ワイド・深型を使っています。深型なのでタオル類の収納に向いています。

おまけ:オリジナルランドセルラックのレイアウト例(参考)

せっかくなので、スタッキングシェルフを使ったランドセルラックで、どんなレイアウトが可能なのかを検証してみました

賃貸や限られたスペースでも使えそうなデザインがきっと見つかりますよ!

※すべて、1分程度で組み替えています。(私一人です)

L字(ヨコ)パターン

上にモノを置いたり、子どものベンチにもできそうなデザインです〜

L字(タテ)パターン

狭いスペースを有効活用できそうなスリムなデザインです〜

※家具は安全のため、しっかり固定してくださいね

変形パターン

ちょっとした勉強や宿題なら、ここで十分かもしれません。勉強机としても活用できそうなデザインです〜

その他・入学後に気づいたこと

1. 置き勉解禁!教科書はほとんど家で出し入れしない

入学後、最初は毎日家で時間割をそろえていたのですが、夏休み明けからは教科書類をほとんど家に持ち帰らなくなりました(置き勉)。「小学生のランドセルが重い」という意見がネットで話題になり、文科省からも通達が出たことで、ついに長男の小学校も置き勉OKになりました。なので、持ち帰ってくるのは宿題で使う教科書やノートのみ。ほとんど学校に置いてきているので、家ではほとんど時間割をそろえていません。

文科省が「置き勉」認める通知 重いランドセル解消へ

※注:ただし、学校によります。

2. 鍵盤ハーモニカ(ピアニカ)はほとんど持ち帰らない

持ち帰ってくるのは、夏休みなど長期休暇の時だけですね。入学後、音楽の宿題で何度か持ち帰ってくることもありましたが、そういう場合も翌日にはまた学校に持っていきます。あとは基本的に学校に置きっぱなしなので、鍵盤ハーモニカ(ピアニカ)を置くためのスペースは、そもそもムダかも…。あくまでも我が家の場合ですが。

3. 文具のストックは、入学準備中にある程度準備しておくとOK

入学準備の買い物はお金もかかるので、何かと「またあとで買えばいいか」となりがちですが、鉛筆や赤鉛筆、消しゴムなどはけっこう頻繁になくなるので、忙しいお母さんはストックしておくと良いと思います。子どもはある日突然、「消しゴムない」などと言ってきますから、そんな時にも慌てず、いちいち買いに行かなくて良いのでオススメです。

メモ

  • 消しゴム
  • 鉛筆
  • 赤えんぴつ
  • お名前ペン(油性マジック)
  • のり

なくなる頻度の高い順番に記載しています。

※注:学校・学習の状況やお子さんの使い方によります

まとめ:オリジナルのランドセルラック、実際に使ってみて8ヶ月の感想

さて、長男が小学校に入学してから8ヶ月経ちました。この無印のスタッキングシェルフを使ったオリジナルのランドセルラック・・・小学生のランドセルラックとして最高過ぎました〜(涙)

8ヶ月使ってみた現在の感想ですが、なんのストレスもありません!全てがミニマムに収まっており、ちゃんと毎日稼働しています。こういう家族で使うシステムって、母親の自己満足ではなく、子どももちゃんと使えることが大切ですよね。我が家の長男は、教科書を自分で出し入れできていますし、消しゴムや鉛筆がなくなれば引きだしから出して補充をしています。ハンカチやティッシュも引きだしから準備できています。1年生でも運用できるシステムなら、ランドセルラックとしてはまったく問題ないですよね。‥ということで、大・大・大成功〜!

あえて言うなら・・・スタッキングシェルフは1個でもよかったかも(爆)そのくらい、小学生用のランドセルラックとしては最高にミニマム仕様(自画自賛)となっていますので、よかったら参考にしてみてください^^

▽関連記事

ランドセル、買って後悔しないための重要ポイントはたったこれだけ!

我が家の長男が入学して早1年…もうすぐ2年生になってしまいます〜 子どもの成長は早いですね・・ さて、小学校入学といえば、まず最初に準備するものがランドセルではないでしょうか。 今のご時世、ランドセル ...

続きを見る

【前編】「小一の壁」乗り越えるには「知って備える」だけで十分

こんにちは、3人の男の子を育てながら働いている ワーキングマザーのナンシーです。 早いもので、我が家の長男が小学校に入ってからすでに9ヵ月が経ちました。3学期も残すところあと少しです。 さて、今回は「 ...

続きを見る

【後編】「小一の壁」乗り越えるには「知って備える」だけで十分

「小一の壁」対策:前編に続き、後編も私が感じた様々な「小一の壁」と、その具体的な対策をお伝えできればと思います。 ▽関連記事 「小一の壁」対策:それは「知って備える」たったそれだけ!<後編> 後編の主 ...

続きを見る

「小一の壁対策」で冷蔵庫を買い換え!?この投資が大正解だった話

こんにちは!我が家の長男が小学校へ入学して早10ヵ月。 「小一の壁」について、自分の経験を総括しているところです。 「小一の壁」については、他にも記事を書いているのですが、今日はまた別の観点から…「小 ...

続きを見る

-くらし, 子ども, 収納
-, ,

Copyright© マホウノコソダテ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.